コンビニFAX

便利なコンビニFAX

引っ越しの時、不動産屋から「至急、書類をFAXしてください」と言われ、「FAXなんて持ってないし・・・」と途方に暮れた経験はないでしょうか。

また、外出中に顧客から携帯に電話があり、「今すぐFAXしてくれ!!」とクレームに近い無茶な指示をされ、「今、外出先なんだけど・・・」とムカついたことはないでしょうか。

そもそも自宅にFAXがない家庭は多いし、外に出てしまえばFAXの送受信なんて無理というのは常識ですよね。

でも、そんなときに、いい方法があるのです。

今やどこにでもあるコンビニでFAXが送れるのです。大手コンビニチェーンであれば殆どの店舗で取り扱いがあるので、特に都市部であれば、もうどこでもFAXの送受信ができるのと同じと言ってもいいと思います。

コンビニに置かれているマルチコピー機は、とても進化しています。白黒とカラーのコピーは当然で、SDカードやUSBメモリなどで持ち込んでのデータのプリントアウトだけではなく、住民票の写しや印鑑登録証明書の取得にも対応しています。

もちろん、FAXも送れます

その際、面倒な契約は必要ありません。多機能化したコンビニに置かれているマルチコピー機の機能を知っておけば役に立つ場面も多いと思いますので、まずはFAX機能とその手順を紹介します。

コンビニFAXの仕組み(送り方と受け取り方)

多くのコンビニFAXは、ヤマト運輸の子会社が提供している「クロネコFAX」というシステムを利用しています。クロネコFAXとは、FAXの仲介システムで、送受信ともにクロネコFAXセンターを経由しデータを授受します。

クラウド上にFAXを送り、そこにデータを溜めておく。受け取る人はそこから引き出すようなイメージです。その際はちゃんとパスワード(文書番号=10桁の数字)が設定されるので、それを送る側と受ける側で共有しておくことになります。

コンビニFAXを使うのは、主に以下の4つ場面でしょう。

①コンビニからFAXを送る

②会社や自宅からコンビニにFAXを送る

③コンビニでFAX受け取る

④コンビニから送って、他のコンビニで受け取る

①コンビニからFAXを送る

(1)マルチ複合機のタッチパネルの中から「ファクス送信」を押します
(2)料金投入後、原稿をセットして、タッチパネルの「原稿読み込み」を押します
(3)送信先番号を入力します
(4)原稿読み込み後、タッチパネルに枚数と金額が表示されます
(5)送信終了後、タッチパネルに送信結果を表示します
(※送信結果表を印刷したい場合は、「送信結果表をプリントする」を押してください)

②会社や自宅からコンビニにFAXを送る

コンビニfax

上図で言えば①と②と③になります。

(1)クロネコFAX (0570-05-1000)に送信します
(2)送信後、そのFAX機に10桁の数字(文書番号)を記載した「受付完了通知書」が届きます
(3)文書番号(10桁の数字)をなんらかの方法を受け取る人に通知します
(4)送信した文書は、翌日の24時まで保存されます。(翌日の24時を過ぎると自動消去されます)

③コンビニでFAX受け取る

上図で言うと④になります。

(1)マルチ複合機のタッチパネルの「クロネコサービス」→「クロネコFAXから受け取る」を押します
(2)料金投入後、タッチパネルに別途受け取った文書番号を入力します
(3)タッチパネルに枚数と料金が表示されます
(4)料金投入後、FAXが受信できます

④コンビニから送って、他のコンビニで受け取る

コンビニfax

送る場合

(1)マルチ複合機のタッチパネルの「クロネコサービス」→「クロネコFAXへ預ける」を押します
(2)料金投入後、原稿をセットしてタッチパネルの「原稿読み込み」を押します
(3)原稿読み込み後、タッチパネルに枚数と金額が表示されます
(4)送信後、タッチパネルに文書番号が表示されます(※文書番号を印刷する場合は、「送信結果表をプリントする」を押してください)
(5)文書番号(10桁の数字)をなんらかの方法を受け取る人に通知します
(6)送信した文書は、翌日の24時まで保存されます

受け取る場合

(1)マルチ複合機のタッチパネルの「クロネコサービス」→「クロネコFAXから受け取る」を押します
(2)料金投入後、タッチパネルに文書番号を入力します
(3)タッチパネルに枚数と料金が表示されます
(4)料金投入後、FAXが受信できます

コンビニ別のFAXサービス詳細

セブンイレブンのFAX

711
セブンイレブンはコンビニ業界を作ったNO1企業で、その規模は圧倒的で店舗数は2万店舗に迫る勢いです。セブンイレブンのない県は沖縄県のみで、ほぼ全国を網羅しています。
但し、セブンイレブンのFAXは独自システムを採用しているため、送信のみで受信することができません。受信したい場合はクロネコFAXを導入している他のコンビニを利用する必要があります。また、海外への送信はできませんので注意が必要です。用紙サイズは多様で、A4はもちろん、B5からA3まで対応しています。

項目 内容
送信サイズ A4、B4、A3
送信画質 標準、高画質
濃度調整 7段階
送信結果レポート 全ページのイメージ付き

セブンイレブンFAXの注意および制限事項

■送信先が「非通知設定・受信拒否」の場合は、送信できません
■送り先がフリーダイヤルの場合でもファクス料金が発生します
■高画質モードで送信する場合、1枚あたり3分以上かかることがあります
■送信結果レポートは送信後には出力できないので、送信前に選択します
■送信結果レポートは送信できたページのイメージのみ印刷されます 

ローソンのFAX

ローソン
ローソンは、全国に12000店舗以上を持つ、コンビニ業界第二位の企業です。三菱商事が運営しており、セブンイレブンより革新的なサービスを展開する特徴があります。ローソンのFAXは、クロネコFAXを使っているので、国内だけではなく、海外への国際ファクスの送信が可能です。料金は国内は50円、海外は、地域によって違いますが、100円から150円です。

ファミリーマートのFAX

ファミリーマート
ファミリーマートは全国の店舗数が18000店舗を超えるコンビニチェーンです。伊藤忠商事が運営しており、近年は合併で規模を拡大しています。国内・海外へのファクス送信のほか、クロネコFAXに預けたデータをコピー機で受け取ることもできます。料金は、国内ファクス送信とクロネコFAXが50円で、海外ファクス送信が100円~150円になっています。00**、020、030、040、050、060、0570、0840、0990、0170、0180に加え、その他発信制限がかかっている地域には送信できません。

サンクス・サークルKのFAX

サンクスサークルK
サークルK・サンクスは、全国に6300店舗を超える規模のコンビニグループです。クロネコFAXを活用した店舗のマルチコピー機から国内・海外へファクス送信することができます。マルチコピー機は、日本語、英語、中国語、韓国語など、8ヶ国語に対応しています。
尚、今後、サークルK・サンクスはファミリーマートと経営統合することが決定しています。統合後の名称は「ファミリーマート」に正式決定しました。全国にあるおよそ6,300店を展開するサークルK・サンクスが、2016年9月から3年かけてファミリーマートに変えていく計画です。統合後のファミリーマートは少なくとも約1万7,800店になり、業界首位のセブンイレブンに匹敵することになります。但し、前述の通りで、サークルK・サンクスのFAXサービスは、ファミリーマートと同じシステムを使っているので、特に大きな混乱はないと思われます。

ミニストップのFAX

ミニストップ
ミニストップは全国で約2000店舗以上のコンビニエンスチェーンです。イートインスペースが充実しており、店内滞在時間が長い特徴があります。
国内送信はノーマルモードが1枚50円(税込)で、ファインモード1枚60円(税込)です。海外送信は(米国など国番号が1の場合)ノーマルモード1枚100円(税込)で、ファインモード1枚120円(税込)、上記以外の国番号の場合は、ノーマルモード1枚150円(税込)、ファインモード1枚180円(税込)となっています。また、フリーダイヤル(0120フリーダイヤルのみ利用可能)は1枚30円(税込)で、クロネコFAX預け入れは1枚50円(税込)です。

ポプラのFAX

ポプラ
ポプラは広島からスタートしたコンビニチェーンで山陰地区を中心に関東・北陸・関西・中国・九州の1都2府19県に出店しています。
お弁当を購入すると炊きたてごはんを入れ放題ということでも知られています。近年ではローソンとの業務提携を発表し注目されました。

コミュニティ・ストアのFAX

コミュニティ・ストア
コミュニティ・ストアは、国分グローサーズチェーン株式会社がフランチャイズ方式で展開しているコンビニです。関東や関西を中心に500以上の加盟店を持っています。但し、マルチ複合機設置店は限定されています。全店に設置しているわけではありませんので、確認が必要です。

スリーエフのFAX

スリーエフ
スリーエフは神奈川発祥のコンビニで、現在は東京、神奈川、千葉、埼玉に限定して出店しています。店舗数は約500です。
スリーエフのマルチコピー機にはFAXサービスが付いているので、国内だけではなく、海外へのFAX送信が可能です。国内へのFAX送信は、用紙の大きさに関係なく一律料金で、サイズもB5~A3まで対応できます。

セーブオンのFAX

セーブオン
セーブオンは群馬県前橋市に本社があるコンビニチェーンで、北関東を中心に約500店舗を展開しています。ホームセンターのカインズ、作業服のワークマン、ショッピングセンターのベイシアなどを擁するベイシアグループの企業です。
しかし、セーブオンの約500店舗を、2018年末までに全てローソン店に転換することで合意したと発表しましたので、今後は徐々にローソンになっていくと思われます。但し、FAXのシステムは共通なので、ローソンの看板に変わっても混乱することはないでしょう。

デイリーヤマザキのFAX

ヤマザキデイリーストア
デイリーヤマザキは約2000店舗を持ち、店舗数でコンビニ業界第6位の規模になっています。
山崎製パン内の別部門で運営されていたサンエブリーとヤマザキデイリーストアーを統合して誕生した経緯があります。

コンビニ FAX 料金比較

基本的にコンビニFAXは、カラーでの送受信はできないとお考えください。

どうしてもカラーで書類を送りたい場合は、スキャナーで読み込み、データ(jpg、gif、PDFなど)をメールで送信する。または、スマホなどで撮影して、画像を送るようにしてください。

それらの手段がない場合は、コンビニのネットプリントなどのサービスを利用するとよいでしょう。

  標準料金 海外送信料金 備考
セブンイレブンFAX料金 50円/枚 不可  
ローソンFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ファミリーマートFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
サンクス・サークルK FAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ミニストップFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
ポプラFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
コミュニティ・ストアFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
スリーエフFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
セーブオンFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX
デイリーヤマザキFAX料金 50円/枚 100〜150円/枚 クロネコFAX

 コンビニまで行かなくてもFAXが使える方法

しかし、FAXの送受信のために、わざわざコンビニまで行くのは意外に面倒です。雨が降っていたり、真夏の暑い日、真冬の寒い日など、外出が嫌になるときもあります。

また、都市部以外では、コンビニまでの距離が遠いケースもあるでしょう。1枚のFAXのために、数キロも車で走るのは、ちょっと非効率です。

そこでご紹介したいのが、コンビニに行く必要のないFAXシステム、「インターネットFAX」です。

インターネットFAXは、PCやスマートフォンのメール機能を利用する、まったく新しいFAXサービスです。

普段使用している電子メールの添付ファイルにPDFファイルやワード(doc)、エクセル(xls)などで作った原稿を指定してメールを送信すると、それが相手側では従来のFAXのように紙で出力されるというものです。

電子メールが使える環境があれば、出先でFAXの送受信が可能なので、急な用件の対応はもちろん、空き時間に届いたFAXを確認することもできるので、とても便利です。

インターネットFAXがあれば、わざわざコンビニに行く必要がなくなるのです。

コンビニFAXの送受信コストは1枚50円程度です。これに、移動時間(つまり人件費)や交通費(ガソリン代など)がかかりますので、実は意外にコストがかかっています。

しかし、インターネットFAXなら、30日間無料で使えるサービスもあるのです。

自宅にいながら、無料でFAXが使えるなら、もうコンビニFAXを使う必要なんてありませんよね。

インターネット環境さえあればいいので、当然、電話回線の追加工事は不要です。

おすすめは「eFax」

インターネットFAXはいつくかのサービスが提供されていますが、中でもオススメなのは、やはり「eFax」です。

インターネットでの簡単な申し込みだけで、その日からeFAXが使えるようになります。

また、30日間は無料で利用できる点も魅力のひとつです。まずはトライアルで申し込み、無料でインターネットFAXの送受信を体験することができます。その期間は無料ですべてのサービスが使用可能なので、使いやすさや利便性を無料で体感することができます。

解約も電話一本で簡単にできますので、リスクはありません。

インターネットFAXがあれば、わざわざ外に出てコンビニまで行かなくても送信や受信ができるので大変快適です。時間の節約にもなるので、無料のインターネットFAXが最高の選択肢になると思います。

コンビニ(セブンイレブン)からFAXを送ってみました

コンビニ界の雄といえば、間違いなくセブンイレブンです。

もちろん、FAXサービスも展開していますので、早速、セブンイレブンからFAXを送ってみました。

設置してあるマルチ端末を使い、簡単な操作だけでFAX送信が可能です。大きいディスプレイの指示に従いながら操作をするだけなので、まったく迷うことはないと思います。

但し、セブンイレブンのFAXは「送信」のみで、「受信」はできません。

他のコンビニは受信もできるのですが、セブンイレブンは独自のFAXシステムを使っているので、受信ができません。この点を間違えないでください。

また、送信も日本国内のみが可能です。海外送信はできません。

送信料は1枚50円です。

セブンイレブンで、ファックスを送信する方法は以下の通りです

マルチ端末機

マルチ端末機にあるタッチパネルを操作し、マルチメニューの中から左下の「ファックス」をタッチします。

マルチ端末機

「ファックス使用同意」をよく読み、右の「同意する」をタッチします。

マルチ端末機

画面内のテンキーで宛先番号を入力し、右下の「これで決定」をタッチします。

マルチ端末機

送信サイズ、送信画質を標準か高画質から選んだ上(料金は一緒です)で、送信濃度を設定し、右下の「これで決定」をタッチします。

マルチ端末機

送った証拠として、送信結果レポートのプリント有無を選択し、右下の「これで決定」をタッチします。

マルチ端末機

FAX原稿を設定します。パネルの左上に合わせ、読み取る面を下向きにします。セットが完了したら、画面右側にある「原稿を読み取る」にタッチします。

マルチ端末機

これで全ての設定が完了しましたので、その内容を最終確認します。間違えた設定のまま送信しても料金は返ってきませんので、慎重に確認してください。内容の確認が完了したら、画面右側にある「これで決定」にタッチします。

マルチ端末機

必要金額が表示されるので、現金もしくはnanacoで清算します。支払後、「送信スタート」にタッチすると送信されます。

たったこれだけです。作業は本当にシンプルです。

最後に領収書発行の画面になるので、必要であればプリントボタンをタッチします。

但し、ここで大切なことがあります。

セットした原稿を忘れないでください。

パネルにセットしてある原稿を取り出して全作業が終了となります。

コンビニFAXが送れない

コンビニ店員

コンビニに設置してあるマルチコピー機は、直感的に操作できるので、FAXを送ること自体は決して難しくありません。

しかし、画面の説明通りに操作しても、FAXが送れないことがあります。

もしFAXが送れないのであれば、以下の点をチェックしてみてください。

料金不足

当たり前ですが、料金が足りていなければFAXを送ることができません。

コピーは1枚10円ですが、FAXは通常50円です。

もしコピーと間違えて10円しか入れていないのであれば、料金が不足しているため、FAXを送ることができません。すぐに必要な料金を支払いましょう。

セブンイレブンのFAXであれば、ナナコ(電子マネー)でも支払いが可能です。

FAX回線エラー

FAXを受信する側の回線に問題がある場合には、FAXを送ることができないケースがあります。

中でもよくあるのが、「通話中」のエラーです。

先方が別のFAXを受信している最中であれば、エラーになってしまうことがあります。

FAX番号が使われていない

なぜか送れないなぁ・・・と思って、よくよく確認してみると、相手のFAXが使われていなかったという場合があります。

事務所の移転や自宅の引っ越しなどで、FAX番号が変わることは珍しくありません。

送ろうとしているFAX番号が古くなっていないかを再度確認してみる必要があるでしょう。

FAXを間違えていた

よくあるミスですが、FAX番号の入力を間違えてしまっている場合は、当たり前ですがFAXは送れません。

タッチパネルの操作は意外にミスが発生するものです。

送信ボタンを押す前に、再度、FAX番号が間違っていないかを確認する慎重さが必要です。

場合によっては、違うところにFAXを送ってしまうリスクもあります。

くれぐれも送信前の再確認をお忘れなく!

コンビニFAXが故障中

マルチコピー機は、精密機械なので、故障してしまうことがあります。

特に不特定多数の人が使うコンビニのマルチコピー機は故障のリスクが高い機械と言えるでしょう。

極めて稀とはいえ、機械的な不具合でFAXが送れないことがあるので、注意が必要です。

送れないときは店員さんに確認する

もし、どうしてもFAXが送れない場合は、店員さんに確認しましょう。

勘違いによる操作ミスの可能性もありますし、簡単に直る単純な不具合かもしれません。

いずれにしても、店員さんにサポートを依頼してみることをオススメします。