FAX料金を劇的に減らす方法【通信費削減】

FAXの送信料金

FAXの送信料は一般の電話と同等だと考えられています。

確かにそう思ってしまうのも無理はありませんが、しかし、これは大きな誤解です。

FAXには付随する多くのコストが発生しているからです。

インク・トナー代やコピー用紙代、さらに故障した際のメンテナンス費用。

さらに言えば、オフィス内にFAX機を置くための場所代、つまり家賃も発生していますし、維持管理するための人件費も発生しています。

これらの目に見えにくいコストが、1通1通のFAXの送受信に上乗せされているのです。

実はFAX、意外に高いものなのです。

細かい項目は除き、あくまで一般的な企業の月に発生するFAXのコストは下表の通りです。

 項目 通常のFAX機
ファックス機代金(月額) 5,250円(平均的なリース月額料)
サービス基本利用料金(月額) 約2,600円
送信料金 約3,000円
送信原稿代 約450円
受信原稿代 約450円
電気代 約500円
その他ランニングコスト 約10,000円(平均的なメンテナンス費用)
総費用(月額) 22,350円

その他のFAXサービス

FAXと言っても、最近はいろいろな料金体系のサービスが普及しています。

例えば、コンビニFAXです。

月に数回しか使わないFAXなら、いっそコンビニFAXで十分と考える人が増えていると言います。

確かに、それもひとつの考え方ですが、コンビニからFAXを送ると、1通50円なので、明らかに自分のオフィスや自宅からFAXするよりも高額です。

また、FAXDMサービスもあります。広告宣伝のために大量にFAXを送る場合に使うサービスです。

自社のFAXから、1通ずつFAXを送るのは時間の無駄です。

数万通のFAXを送る場合などは、何日かかるのかわかりません。

そんな場合は、FAXDM業者に送信を依頼してしまった方が効率的でしょう。

FAXDMの場合、送信枚数により料金が決まってきます。

少量なら、単価は上がりますが、大量に送信するのであれば、単価は若干下がります。

一般的に20円~4円くらいの範囲ではないでしょうか。

このように、一概にFAXと言っても、いろいろなサービスが普及しており、それぞれに価格も違っているのです。

作業の手間を考慮し、最も費用対効果の高い方法を選択するといいでしょう。

FAXの送信料を下げるためのテクニック

このように多くのFAX送信の形態がありますが、一般的には平均的に10~20円程度の送信料がかかるのではないでしょうか。

それ以下の料金にする場合には、ボリュームディスカウントを使うしかありません。

当然、ある程度の送信ボリュームが必要になるでしょう。

例えば、一斉送信がそれです。

前述の通り、同じFAXを1000通送信する場合などは、上手くやれば割引になることがあります。

この場合、外注業者に頼むこともできますが、FAX送信サービスを使えば、自分で対応することも可能です。

ヤマト運輸の子会社が出している「クロネコFAX」などが有名です。

これは、コンビニFAXにも採用されているサービスなので、性能はお墨付きです。

このFAX送信サービスに加入すれば、PCを使って、ボタン1つであっという間に1000件のfax送信が可能です。

この送信サービス利用料込みで、1通3円~10円という契約があります。

もし大量に一括送信するのであれば、このようなサービスが有効です。

毎月、一定量のFAX送信がある場合には、1通3円くらいまでのディスカウントは可能です。

もっと簡単に安くFAXを送る方法

しかし、そこまでする必要はないということであれば、別の手を考える必要があるでしょう。

この場合、真っ先に選択肢として浮上するのは、やはり「インターネットFAX」でしょう。

インターネットFAXであれば、送受信が無料になるところがあるので、そこを使えば、送信料はかかりません。

基本料金のみですべてのサービスが使えます。

月額1000円弱の基本料金のみで、FAXの送受信がほぼ無料でできます。

もうFAXを送信料を気にする必要はありません。

さらに、eFAXなら、30日間の無料トライアルサービスがあります。

この間は、何回使っても無料です!!

30日後に解約すれば、完全無料でインターネットFAXが使えてしまうのです。

インターネットFAXなら、インクや紙も不要

さらに、インターネットFAXなら、インク代やコピー用紙代も不要ですし、FAX複合機がいらなくなるので、購入時の費用なメンテンンス費用も必要なくなるのです。

もちろん、FAX複合機の場所を取らなくなるので、オフィスのスペースを有効活用できるようになります。

そして、FAX複合機を管理する人材も不要になるので、無駄な人件費を減らすことに寄与するのです。

インターネットFAXに優位性があります

気軽に送受信ができ、しかも好きな場所で閲覧ができるインターネットFAXを使わない理由が見つかりません。

未だに紙のファックスを使っているということは、さすがにちょっと時代遅れと言えるかもしれません。

利便性、料金面ともにインターネットFAXが優れています。