一般家庭でインターネットFAXを使う3つのメリット

自宅FAX

一般家庭でのインターネットFAX利用場面とそのメリットとは?

遠方の家族との連絡

田舎の両親

最近はLINEやeメールが普及しており、距離が離れていてもコミュニケーションが容易になりました。

特にスマホがあれば、映像で顔を見ながら会話することもできるようになっています。

しかし、田舎に住んでいる両親はインターネットが苦手だったり、場合によってはインターネット環境さえない場合があります。あるのは固定電話とFAXだけ。

日々の連絡は電話を使えばいいのですが、電話だと忙しい中、時間を取らせてしまうので、両親は気を使ってなかなか連絡をしてこないかもしれません。

結局、連絡はFAXがメインになるのではないかと思います。

しかし、自宅にFAXを送ってこられても、それを確認するのは帰宅後の深夜になってしまうので、タイムリーなコミュニケーションは難しくなってしまうでしょう。

そんなとき、役に立つのがインターネットFAXなのです。

インターネットFAXがあれば、いつでもどこでも迅速にコミュニケーションをとることが可能になります。

今までは自宅に戻らないと確認できなかったFAXが、インターネットFAXなら外出先でもすぐにチェックできるので、至急の連絡にも対応することができるのです。

遠く離れていても大切な家族なので、コミュニケーションを欠かしたくないでしょう。

それなら、インターネットFAXを使って、いつもとは少し違う連絡をしてみるのがおすすめです。

また海外への送信もできますので、国外の家族とも安易にコミュニケーションを取ることができるようになります。

自宅内のスペース確保

インターネットFAXがあれば、場所をとるFAX機が必要なくなります。

FAX機は意外に大きいので、自宅のリビングに置くには邪魔になりますし、あまり使う機会がないので、ほこりをかぶってしまい、掃除が面倒だったりするのです。

インターネットFAXなら、全ての操作はメール内で完結します。

つまり、PCやスマホ、タブレット端末さえあればOK。FAX機は不要になりますので、その空いたスペースを有効活用することができます。

またFAX回線がいらなくなりますので、回線費用を削減することもできるようになります。

コスト削減

固定のFAX機の費用って意外とばかになりません。

まずは通信料金です。

FAXは読み取りに時間がかかるので、思っているよりも通信料金がかかっている場合が多いのです。

また、FAX用紙と印刷にかかるインク、トナー代も無視できないでしょう。

1回の送受信で数十円かもしれませんが、この蓄積で年間数万円の出費になっていることにお気付きでしょうか?

この無駄なコストを削減するための解決策がインターネットFAXなのです。

消耗品を買いに行く手間も省けますし、時間の節約にもなりますね。

エコへの貢献

インターネットFAXを使えば、これまでの固定FAX機に使っていた消耗品などが不要になります。

金銭的な節約と同時に、資源節減にも大きく貢献できるようになります。

エコロジーで地球環境にもやさしいなります。

長年自宅で使ってきたファックス機が故障、買い替えを悩んでいたAさん。
ネットでFAX機を探していた際にインターネットFAXを知りました。

【チェック1:費用】
FAX機を使うには、壊れたFaxを修理するか、新しく本体を購入する必要があります。電話も使っているのでどうせなら新しいFAX機を・・・と思っていました。インターネットFAXなら、FAX機を購入する必要がなく、今使っている電話機能はそのまま使えます。スマホや携帯でも届いたFAXを受信することができるので、送信するときにはそれをメールに添付して送っています。新しいFAX機の費用、メンテナンス代、紙、インク代を考えればインターネットFAXの方が断然安いです。

【チェック2:通信費】
毎月FAXの使用料は500円~1000円くらいでした。PTAの役員や自治会の経理を担当しているAさん。毎月50枚前後の場合であればインターネットFAXの月額基本料金で済みます。Fax機がなくなって机のスペースが広くインテリアにも使えてラッキーです。

学校との連絡は今でもFAXが必須

学校

小学校の欠席連絡などに、FAXを義務付けるのはおかしいのではないかとのブログの記事が、話題になっています。

小学生の子供を持つ親が、学校から「欠席などの連絡は必ずFAXでしてください」と言われたそうで、途方に暮れたという内容でした。

確かに、朝の忙しい時間に電話をしては先生も困るでしょう。

そこは理解できますが、メールもNGなのです。

そして、「我が家は年に数回あるかないかの学校への連絡のためだけに固定電話を引いてFAX本体を買わなければいけなくなりました」と不満を述べたのです。

さらに、「神様、この世からFAXを消し去ってください」とやや大袈裟な希望を書き込みました。

これを読んだ人の声は、「FAXは時代遅れ」「学校側が非常識」「メールじゃいけないのか」「紙の無駄使い」といった否定的な書き込みが大半でした。

また、「例えFAXであっても着信確認の電話確認が必要なのではないか」との声もありました。

一方で、「紙媒体の方が証拠が残っていい」「見落としが少ないからFAXの方が合理的」と学校側を支持する意見も少なくありませんでした。

また、インターネットFAXサービスを使えばいいとの擁護もありました。

学校では、メールを使うのは難しい

全国の小学校では、児童の欠席連絡をFAXに限定しているのでしょうか。

東京都は「学校によって違い、調査したことはない」との見解を出しています。

そして、「FAXか電話で連絡することが多いと思います。ただ、メールの運用は難しいでしょう。教員が保護者と私的な用件に使うなどの恐れがあるからです」と否定的な見解を述べています。

家庭でもFAXは必要

このように、学校との連絡にFAXが必要になることは多いと思われます。

とはいえ、そのためにFAX機を購入し、電話回線を引くのもバカバカしいので、結局は「インターネットFAX」という選択になるのではないかと思います。

実際、小学生の子供を持つ家庭でインターネットFAXを契約しているケースは多くあります。

それだけインターネットFAXは家庭内のインフラになっているのです。

おすすめのインターネットFAX

≪eFax≫無料トライアル
世界1200万人が利用している世界最大級のインターネットFAX。Eメールで通常のFAX番号と同じ感覚で使用可能。PDFファイルで送受信、重要書類が外部に漏れる心配無用、データ管理が簡単。個人専用、複数の宛先へ一斉送信も簡単で申込後30日は無料体験可能です。
安い!高機能!インターネットFAXならMessage+
日本のビジネスに特化したMADE IN JAPANの「安心」「信頼」のインターネットFAXサービス。インターネット環 境さえあれば、パソコンでもスマホでもFAX確認・送受信ができます。多彩なメリットを1つに凝縮した、次世代型ビジネスツール「メッセージプラス」です。
いつでもどこでもFAX送受信!ToonesインターネットFAX
専用FAX番号をお客様に提供し、そのFAX番号に着信したFAXをPDFでメールにてお届けするサービスです。 また、管理画面からFAXの送信なども行えます。パソコンやスマートフォンでFAXの送信や受信ができます。アカウント作成から実際のFAX送信や受信まで、とても簡単です。