インターネットFAXを積極的に導入すべき3つの理由

fax

これまでのFAX

これまでのfaxは電話回線を利用するのが半ば常識になっていたと思います。

しかし最近はその傾向に変化が出てきています。

以前のようなfaxや複合機に変わって「インターネットfax」というものが使われるようになってきているのです。

もちろんオフイスにあるような複合機でもfaxは送受信できますし、むしろそのほうが便利な件も色々あると思いますが、中小企業においては高価な複合機を持つ事はコストの面でもなかなかの負担になりますから、 faxそのものをもっと簡易に便利に使うとすればインターネットfaxを導入するという選択肢が現実的なのではないのではないでしょうか。

インターネットファックスであれば複合機に比べてコストの面で大幅な優位性があります。

インターネットファックスは、インターネットが使える環境があればとても簡易に利用することができます。

もちろんfax本体そのものや電話回線等は一切不要になります。

まさにWiFi環境などインターネットにつながる状況さえ用意できれば簡単にFAXの送受信ができてしまうのがインターネットfaxなのです。

インターネットFAXのメリット

インターネットファックスには様々なメリットがありますが、そのうちの最も大きな理由の1つは、やはりコストが安いということでしょう。

インターネット回線にパソコンやスマートフォンがあるだけで、これまで通りfaxの送受信ができてしまうのです。

毎月高いリース料を払ってカラー複合機などを導入する必要はもはやないのです。

また、使用方法も非常に簡単でわかりやすくなっています。

インターネットファックスはパソコンやスマートフォンでメールを返信する要領で簡単にfaxが送れてしまうのです。

特に難しい技術が必要なわけではなく。新たな設備投資も必要でないことから、今ではインターネットfaxを導入する企業が増えていると言うのもとても納得できるところなのです。

インターネットFAXのデメリット

しかし、一方でデメリットもないわけではないのです。

1つにはインターネットfaxに慣れる必要があります。

これまでのように内容が印刷されるわけではありません。

あくまでもインターネット環境の中にデーターが溜まっていくという状況なので、これまでの紙のfaxに慣れてしまっている人であれば多少の意識改革が必要になるかもしれません。

またインターネットファックスはインターネット環境があることを前提にしたサービスです。

もしインターネット環境がない個人の自宅なのであれば、まずはインターネット環境を整備するところから始めなければいけませんので、コストの面でもやや不利になるかもしれませんし、さらにはパソコンやスマートフォンを新たに購入しなければいけなくなる場合もありますので、このような場合にはそれなりの出費を覚悟する必要が出てきます。

尚、よくある心配ですが、インターネットFAXの場合、相手はインターネットfaxを持っていなくても大丈夫です。

これまで通り通常のfaxを送受信できる環境さえあれば相手に特に制約はありません。

インターネットファックスはあくまでこちらの環境であり、相手方の環境には全く左右されないのです。

インターネットFAXを導入する理由

紙やインクの代金もばかになりません。

このようなランニングコストを考えれば維持のインターネットfaxを導入してしまった方が長い目で見た場合のコストは確実に削減されるでしょう。

今後のインターネット環境の普及を考えた場合もはやこれまでのようなfaxを使い続ける企業が増えていくとは思えません。

むしろ積極的にインターネットfaxを導入し、営業マンが外出先で個人宛のfaxを確認できるような時代がもうそこまで来ているのかもしれません。

もし新たにフックスの機械等を購入すること考えているのであれば、むしろコストの安いインターネットfaxを契約する方が良いのかもしれません。

もちろん、それは個人であっても同様です。

もう紙のfaxの時代ではありません。

個人の自宅であってもインターネットfaxを契約し、いつでもどこでもfaxが確認できる状態を作ることの方が正しい選択なのではないかと思うのです。