なぜインターネットFAXはビジネスマンに人気なのか?!

スマホで確認

インターネットを活用した新しい働き方

近年のIT技術の進展は目を見張るものがあります。

すべてのビジネス機器がインターネットで繋がり、さらにはモバイル機器の急速な発達により、外出先や自宅などがオフィスになるシーンも多くなっています。

いわゆる「テレワーク」や「ノマドワーカー」と呼ばれる働き方です。

都内のスタバなどに行けば、こうした働き方のビジネスマンが多くいます。

こうした労働環境の変化に伴い、FAXの利用率は減少していると思う方も多いかもしれませんが、実はまったくそんなことはありません。

ビジネスにおけるFAXの利用率は、現在でも98%と意外にも高い数値を残しています。

その証拠に、名刺には必ずと言っていいほどFAX番号が印刷されていますよね。

FAXは未だに取引先や顧客のニーズが確実に存在しており、ビジネスはもちろん実生活から切り離せない存在となっていると言っても間違いではないのです。

一度普及した情報通信インフラは、なかなか廃止できないのです。

FAXもそのひとつで、典型例です。

Eメールに取って代わられ、あまり使われなくなったものの、完全には無くせない。

それがFAXなのです。

インターネットFAXをビジネスで活用する

こうした日本独自の社会ニーズを活かしたサービスとして、ビジネスマンの利用率が急増しているのが「インターネットFAX」です。

インターネットFAXは文字通り、「ネットでFAXが送受信サービス」で、ネット回線を用いるのでネット環境さえあれば「いつでもどこでも」FAXが使えます。

もちろん、インターネットに置き換えるメリットも多くあります。

逆に言えば、既存の電話回線を使うFAXには問題点が多いということです。

具体的には、「外出中でFAXの送受信ができない」「受信したFAXのデータ管理、担当に振り分けることが面倒」「営業のFAXも多く、受信するたびにコストがかかる」「受信したFAXの履歴が確認できない」「送信する際もwordなどで文章を作成し、印刷するなど手間がかかる」などです。

このような問題点を解決してくれるのが、インターネットFAXです。

これまで、テレワークやノマドワーカーの課題のひとつはFAXでした。

オフィスに届くFAXだけは、外で確認できなかったからです。

そのため、どうしてもオフィスで勤務する必要があったのです。

インターネットFAXの具体的なメリット

一方、インターネットFAXを使うことでのメリットは既存のFAXサービスのデメリットを解消しすべてを効率化できる機能を兼ね備えているのです。

■ネット環境さえあれば外出中でもFAXの送受信が可能
■受信したデータはPDFで保存できるのでデータ管理が可能
■インターネットFAXサービスの多くが月額制で無料機能もあるのでコストカットが可能
■基本はメールで送受信するので履歴から検索も容易にできる
■ひな形を管理できるので一度送信したデータからカスタマイズができる

このようにインターネットFAXがあれば、もうオフィスに縛られる必要はなくなり、テレワークやノマドワークが可能になるのです。

働く場所からの開放はとても意味があると思います。

それにインターネットFAXは大きく貢献するのです。

また、管理が容易になるなど、業務効率化にも寄与します。

紙のFAXを管理するなどの煩雑な業務がなくなり、すべてをデータで保有することができるようになるので、過去の情報の検索が比較にならないくらい簡便化できるのです。

そして、コスト面でも優位性があります。

FAX機だけではなく、トナー・インク代、紙代、メンテンナンス費用、電話回線代などが不要になりますので、ランニングコストを圧縮することができるのです。

コストを下げて、利便性を向上させるインターネットFAXはビジネス利用は早速導入してみてはいかがでしょうか。

世界最大級のインターネットFAX「eFax」なら無料で30日簡体験ができるので導入の検討をオススメします。